MENU

Facebook

Search

Close

福井「越前・若狭」の旅情報 ふくいドットコム

サイト内検索


福井県立美術館 「世紀の屏風絵」特別公開 ―現代日本画の巨匠・手塚雄二が描く「日月四季花鳥」―

更新日:2019年6月5日(水)

明治天皇と昭憲皇太后を御祭神とする神社として 、1920年に代々木の地に御鎮座となった明治神宮。創建時より、内陣にある御神座の背後には近代日本画の巨匠・下村観山の屏風が立てられていましたが、御屏風は2020年の御鎮座百年祭を記念して新調されることが決まり、その役は一世紀の時を超えて手塚雄二へと受け継がれることになりました。画家は明治神宮の社を抱く森に着想を得て、見上げた枝葉の隙間から日月が覗く斬新かつ大胆なイメージを紡ぎ出しました。

 本展では御屏風を奉納に先駆けて特別に公開します。「日月」という日本美術の伝統に連なりながらも、写実と装飾が融合する画家ならではの革新的なイメージをご覧いただけます。また、福井県立美術館が所蔵する近世から近代までの屏風名品撰をあわせて紹介します。

「奇跡の屏風絵」、次の公開は100年後です。ぜひ、この機会にご覧下さい。

 

期 間:令和元年6月7日(金)~6月23日(日)

場 所:福井県立美術館(福井市文京3-16-1)

観覧料:一般・大学生500円(団体400円)、

      高校生200円(団体160円)、

      中・小学生100円(団体80円) ※団体は20名以上

【お問い合わせ先】

 福井県立美術館 

  TEL0776-25-0452  FAX0776-25-0459



〒910-0003 福井県福井市松本3丁目16-10

TEL:0776-23-3677
FAX:0776-23-3715
Mail:info@fuku-e.com

営業時間:月~金曜 8:30~17:15
(祝日および年末年始は休業)

公益社団法人福井県観光連盟 All Rights Reserved.