一年中、美味しいイカを楽しめる福井。旬はヤリイカ、次はスルメイカに舌鼓。

ヤリイカ

旬の時期 1月~3月(イカ類は通年)

お問い合せ JF福井漁連/0776-24-1203

ヤリイカの美味しい食べ方は、やはり刺身です。ちなみに写真は、水揚げされたヤリイカを船上でさばいてもらったものです。多くの方がご存知の通り、新鮮なイカは透明で、身もコリコリしています。

 イカは多くの日本人が好きな魚介類の一つで、刺身や寿司、サラダ、煮物、和え物、炒め物と、食卓には欠かせない存在です。ヤリイカやスルメイカ、真イカ、モンゴウイカ、ホタルイカなど、一年を通してイカを水揚げしているのが福井県です。

 福井県は季節ごとにさまざまな魚介類が楽しめる土地。しかもそのどれもが美味しいと定評があります。その理由の一つに、漁場環境の良さがあげられます。イカは回遊魚で日本列島を南から北上しますが、越前海岸沿岸はちょうどその途中。暖流と寒流がぶつかり合う、魚介類にとっては棲みやすく、美味しいイカに育つ要素が豊富な環境。ですから一年を通してさまざまな種類のイカが水揚げされますが、どれも美味しいのは言うまでもありません。

「越前海岸沿岸で水揚げされたイカは、他地域よりも美味しい。特に刺身は歯ごたえがあって、味も濃い目です。今の時期に美味しいのは雌のヤリイカ。産卵直前で卵をたっぷり抱えているし、その卵を焼いたものは絶品です」
とは鮮魚仲買人の中橋睦男さん。今回は1~3月が旬のヤリイカ漁の様子を見せていただきました。

 早朝6時半、ベテラン漁師を乗せた小型船「かねいち丸」は、越前町の米ノ漁港を出港。約10分ほどで漁場に到着します。今回のヤリイカ漁は、沿岸からそれほど離れていない約100mほどの地点での定置網です。

 到着するとすぐ、網の引き上げを開始します。海底約30mほどに広げられた大きな網を、手作業で少しずつ手繰り寄せながら引き上げること約20分。網には少し赤みがかったイカが入ってきます。中橋さんによれば、イカは泳いでいる時の体表面は透明で、怒っている時は赤くなるのだとか。

 網ですくい上げたヤリイカは、すぐに船内水槽に移します。さらに残りの網を手繰り寄せ、イカをすくい上げる作業を繰り返します。網内のものをすべて揚げ終わったら、次の日のために再び網を下ろし漁は終了。1時間後の7時半頃には米ノ漁港に帰港します。

 帰港後、すぐに別の水槽に移し、県内外への出荷準備が始まります。県外向けで、早いものだとその日の夜には到着します。明朝のセリにかけられ、各飲食店へと運ばれ、昼には食べられることになります。

 鮮度が良くて美味しい福井のイカ類は現在、特に関東圏で人気上昇中。ヤリイカの次は春~初夏にかけてのスルメイカ、ホタルイカ、そして次は真イカと、とにかく美味しいイカの旬が続くのです。

ヤリイカを味わえるお店

3件中 1件目から3件表示 

1

エリア名

エリア地図

越前がに・活魚料理 樽海 (福井市浜北山町)マイカ・トラフグ・越前ガニ・ヒラメ・・・旬の魚なら

(エリア:福井タウン/カテゴリ:日本料理 )

住所:福井県福井市浜北山町1-2 TEL:0776-89-2311

1年を通して、美味しい魚たちに出会える日本海。春~夏は、マイカ・鯛・黒鯛・ヒラマサ・ハマチ・車海老・サザエ・スズキ・アワ…

エリア名

エリア地図

神野旅館

(エリア:小浜・高浜/カテゴリ:漁師の宿ランチ )

住所:おおい町大島91-54 TEL:0770-77-3040

明るく家庭的な雰囲気でおもてなしします。遊漁船業も営んでおり、渡し船2隻と釣り船2隻で、磯・イカダ・「一文字」への渡し、…

エリア名

エリア地図

ホテル せくみ屋『若狭虹会席』(5,400円)

(エリア:小浜・高浜/カテゴリ:若狭路ご膳 )

TEL:0770-52-0020

ヤリイカの姿造りと刺身の盛り込み、ぐじの焼き物、カレイの唐揚げ、魚介の鍋、もずくの酢物

お刺身中心に、若狭路の名物…

3件中 1件目から3件表示 

1

情報提供:(株)福井新聞社 福井のグルメ、イベント、クチコミ情報サイト「ふうプラス」