神子の山桜

若狭町神子

由来

寛保2年(1742年)、小浜藩の推奨で神子の集落開墾のとき、各人の境界に桜を植えたとの記録が残されている。

特徴

常神半島の神子(みこ)地区に、山頂から海に向かって一斉に咲く山桜。その数の多さに、地元の人は「千本桜」と呼んでおり、見頃の時期には常神半島は薄紅色に染まる。海の青とのコントラストは絶景の一言。
常神半島の県道沿いでライトアップもしています。

見頃 3月下旬から4月中旬 関連イベント -
交通アクセス ・JR小浜線三方駅下車、路線バス神子下車
・舞若道・若狭三方ICから国道27、国道162号、県道常神三方線 約30分
問い合わせ先 若狭町観光交流課
TEL0770-45-9111
(一社)若狭三方五湖観光協会
TEL0770-45-0113