偉人が歩んだ福井に会いに行く 幕末・明治維新を駆け抜けた由利公正と男たちの軌跡

近代日本の幕開けに活躍した

由利公正(ゆりきみまさ)

 明治維新の立役者として西郷隆盛や木戸孝允などが挙げられるが、明治維新を支えた人物の中で由利公正(三岡八郎)もその功労者の一人ではないだろうか。
 幕末の福井藩士であった由利公正は、「五箇条の御誓文」の草案の起草者として有名。御誓文は、明治維新の指導精神として、近代国家建設のさまざまな施策に受け継がれた。また、日本で最初の全国通用紙幣である太政官札を発行し、新政府の運営費を賄った。
 福井藩と国の両方で活躍した『由利公正』。数々の業績やエピソードもあり、ここ福井にもゆかりの地が残されている。由利公正とはどういう人物だったのか? その人柄や功績と合わせて、福井で生きた由利公正の軌跡を辿ってみよう。


福井市立郷土歴史博物館蔵
【由利公正の略歴】
  • 文政12年(1829)、福井城下毛矢に生まれる。
  • 福井に来遊した横井小楠の学問に影響を受け、藩財政を研究。殖産興業策を進め、藩財政を黒字化した。
  • 慶応3年(1867)、坂本龍馬が新政府への参画を求め来訪。その後、明治新政府に徴士参与として登用。財政を担当する。
  • 明治元年(1868)、「五箇条の御誓文」の草案を起草。同年、太政官札を発行。従四位下に叙せられる。
  • 明治4年(1871)には、廃藩置県後の初代東京府知事となり、翌年、岩倉欧米視察団に随行
  • その後、元老院議官、貴族院議員を務める。勲一等を賜る。
  • 明治42年(1909)、81歳で没。

【エピソードで見る由利公正】

■気の合う同志。坂本龍馬が二人?

坂本龍馬
高知県立歴史民俗資料館蔵
 一昨年発見され、全国的なニュースとなった坂本龍馬から後藤象二郎に宛てた手紙には新政府の財政担当者に由利を推す旨の記載がある。
 由利と坂本龍馬とは大変気が合う仲で、龍馬二度目の福井来訪時、足羽川近くの山町の莨屋(たばこや)旅館にて、早朝から深夜まで延々日本の将来を語り合った。当時、謹慎中の公正には立会人として藩士が付き添ったにもかかわらず、龍馬は遠慮せずに「三岡、話すことが山ほどあるぜよ」と叫んだと伝えられる。
 五箇条の御誓文の原文となった「議事之体大意」は龍馬の「船中八策」と思想的な基本が共通している。
 龍馬が福井を離れてから10日後、家老の家に招かれた由利は、帰り道、懐中に忍ばせていた龍馬の写真が無くなっていることに気付く。胸騒ぎがしたその2日後、龍馬の死を知ることとなる。

横井小楠
福井市立郷土歴史博物館蔵
■横井小楠との運命的な出会い
 由利は横井小楠の教えに従って、福井藩でも産業奨励を行うことになり、その責任者に選ばれる。「あいつは銭勘定ばかり堪能で、武士にあるまじき振る舞いをしている」と周囲から馬鹿にされてきたが、小楠の出現により、これまでの由利に対する批判が一変する。
 小楠が福井へ赴いた年、弟死亡の知らせで一時帰国することとなった際、由利も熊本に同行し、毎夜、小楠と酒を酌み交わし議論を行った。この3年後、由利は再度熊本に小楠を訪ねている。
■長崎、横浜に福井のアンテナショップ
 由利は長崎に四度出張している。安政5年、物産を興し通商貿易を行って収入を図るよう中根雪江や橋本左内に働きかけ、貿易資本の確保と貿易状況の視察を建議し採用される。
 その後長崎に出張し、唐物商、小曽根乾堂の協力を得て、同所浪ノ平に越前蔵屋敷を設けた。そののち長崎江戸町に福井屋が開設され、そこを拠点に生糸などの輸出が行われる。同じように横浜にも出店が設けられ、販路開拓が図られた。
■紙幣発行のため、京都、大坂で資金集め
 明治新政府は徳川慶喜追討のため、御用金(会計基立金)を集める必要に迫られ、由利がその責任者となる。明治元年、由利は京都の大商人に5万両、大坂の大商人に同じく5万両の調達を命じ、計10万両の御親征費が調達される。
 その後、紙幣の発行により産業振興を図ろうとした由利は、まず大坂でその準備に入る。同年5月には紙幣発行の日が決まったものの、反対論は根強かったため、由利は、「私は覚悟した。(発行されなければ)二条城に保管してある金札に火を付け、自刃する。」と訴え、予定通りの発行にこぎつけた。
■知事公舎も燃えた大火で一念発起
↑戦前の銀座大通り
 明治5年2月26日、和田倉門内兵部省から出火し銀座、京橋さらに三十間堀から築地まで燃え広がり、5千戸、28万余坪を焼き尽くす大火となった。由利の公舎も類焼した。この火事をきっかけに由利は東京不燃化計画を作成し、実現を図った。
 由利は、当時のニューヨークやロンドンなど、国際都市の目抜き通り並みに銀座大通りを45.5メートルにすべきだと主張したが、大蔵省側の反対にあい、27.3メートルの拡幅となった。

【由利公正ゆかりの地を巡ろう】

由利公正広場(福井市)

由利公正居宅跡に近い足羽川の幸橋南詰上流側にある広場。由利公正の像や坂本龍馬との交流を書いた説明板などがあり、銅像の目線は、公正の恩師である横井小楠の寄留宅跡(幸橋北詰下流側)の方向を向いています。

◆住所/福井市毛矢1丁目

由利公正宅跡(福井市)

由利公正が住んでいた跡地。この場所で、横井小楠と坂本竜馬の3人で会談したとされる。現在は石碑のみですが、隣には竜馬の歌碑も建てられています。

◆住所/福井市毛矢2丁目(幸橋南詰下流側)

福井城内堀公園(福井市)

福井県庁のあるお堀に面した公園。安政5年(1858)冬に横井小楠と由利公正が一緒に九州へ旅立つ姿を表現した「旅立ちの像」があります。旅の目的は、長崎での物資販売ルートの開拓と言われています。

◆住所/福井市大手3丁目

福井県立歴史博物館(福井市)

古代から現代までの福井県の歴史に関する資料を展示しています。また、東京府知事に任命された際の辞令をはじめ、由利公正関連の資料も多数所蔵されています。

◆住所/福井市大宮2-19-15
◆問/0776-22-4675
◆開館時間/9:00〜17:00(入館は16:30まで)
◆休/第2・4水曜日、12/28〜1/2
◆料金/100円
◆URL/http://www.pref.fukui.jp/muse/Cul-Hist/

福井県立図書館(福井市)

福井藩の公文書にあたる藩政資料なども多く、由利公正が執筆し、明治政府の国家方針「五箇条の御誓文」の原案となった議事之体大意も所蔵されています。

◆住所/福井市下馬町51-11
◆問/0776-33-8860
◆開館時間/9:00〜19:00(土日祝は18:00まで)
◆休/月曜日、12/28〜1/4
◆料金/無料
◆URL/http://www.library-archives.pref.fukui.jp/


福井県立図書館蔵

福井県立こども歴史文化館(福井市)

福井県の歴史で活躍した人物について、映像や人形ジオラマ、イラスト等で楽しく紹介。由利公正の発案により発行された全国通用紙幣「太政官札」も所蔵しています。

◆住所/福井市城東1-18-21
◆問/0776-21-1500
◆開館時間/9:00〜17:00(入館は16:30まで)
◆休/月曜日、祝日の翌日、年末年始
◆料金/無料
◆URL/http://info.pref.fukui.jp/koreki/


福井県立こども歴史文化館蔵