ZEN, Alive. Fukui

Recmended articles

古くからの歴史・風土を背景として集積した伝統や、篤い信仰心によって脈々と受け継がれてきた精神文化や歴史的遺産など、福井には、この土地特有の季候や風土によって育まれてきたZENが息づいています。

ZEN,Alive.Fukui

ここで見つけたあなただけの時間と場所に腰を下ろし、湧き上がる雲をゆったりと見つめてみませんか?

春を呼ぶ奇祭

— 勝山左義長まつり —

春を呼ぶ奇祭 勝山左義長まつり

2月25日、福井から、えちぜん鉄道勝山永平寺線の電車に乗り勝山駅へ。勝山市にて、約300余年の伝統を誇る「勝山左義長まつり」を見にいくことが今回の旅の目的です。レトロな建物が特徴の勝山駅に到着し、まず目に飛び込んできたのは恐竜のモニュメント。全国でも有数の恐竜化石発掘地として有名な勝山市ならではのお出迎えです。

勝山駅恐竜のモニュメント

勝山駅から歩くこと約10分。聞こえてきたのは、三味線や笛や太鼓の軽快なリズム。たくさんの出店が立ち並ぶ通りを、多くの人が行き交います。

出店

少し歩いていくと、見えてきたのは大きな櫓。そこでは色鮮やかな長じゅばん姿の老若男女が「浮き太鼓」と呼ばれる踊りで観客を魅了しています。

浮き太鼓

「勝山左義長まつり」は、この地方に春を呼ぶ奇祭として知られ、毎年2月の最終土日曜日に開催。年々観光客も増えており、今では10万人超が訪れる一大伝統行事となっています。

春を呼ぶ奇祭

市内に12の櫓があり、それぞれの櫓で打ち手が踊るように太鼓をたたく姿はとても鮮やかで思わず見とれてしまいます。

櫓櫓櫓

そしてもう一つの見所は、2日目の夜に行われる、まつりのフィナーレを飾る「どんど焼き」。神を送り、五穀豊穣を祈る行事です。

どんど焼きどんど焼き

午後9時頃、たいまつの火を一斉に点火。勢いよく立ち上る火柱が夜空を赤く染め、冬に別れを告げます。

季節の移り変わりを楽しむ。福井の人の生活には、ZENの心が息づいています。


【勝山左義長まつり】
http://www.city.katsuyama.fukui.jp/kankou/sagityo/