12/13 ふくいお城めぐりバスツアー【若狭編:徳川家康の足跡をたどる】

ツアー行程と見どころをご紹介!

■ツアー行程

9:20        JR敦賀駅集合

10:00~11:30  若狭国吉城歴史資料館・国吉城【館長による案内】

12:00~13:00  味一休【うな丼のご昼食】

13:30~14:00  熊川宿【地元ガイドが重要伝統的建造物群保存地区に認定されたまちなみを案内】

14:00~15:00    熊川城・得法寺【地元ガイドが案内】

15:00~15:20    道の駅「若狭熊川宿」【お買い物】

16:10~17:10    金ヶ崎城【金崎宮社務所にて宮司の解説】

17:20      JR敦賀駅解散



■旅行代金

おひとり様:全国旅行支援適用でお支払い実額4,800円(旅行代金8,000円)

※今回のモニターツアーだけの特別価格です。

※モニターツアーのため、ご参加の方にはアンケートに回答いただきます。


○全国旅行支援適用の場合、「ふくいdeお得クーポン」3,000円分付き!

本ツアー”限定”若狭国吉城】【熊川城】【金ヶ崎城】3枚の御城印をプレゼント!

○若狭路城跡めぐりガイドブックをプレゼント!


予約はこちら(ふくいドットコムオンライン予約ページにリンクします)



■見どころをご紹介!


①三英傑ゆかりの城をめぐる!


▶若狭国吉城

若狭国守護武田氏の重臣、粟屋越中守勝久が築いたと伝わる、若狭国と越前国の境を守備する「境目の城」。
永禄6年(1563)の越前朝倉氏初侵攻から、朝倉氏が滅亡する天正元年(1573)まで、ほぼ毎年攻めかかる朝倉勢を撃退し続け「難攻不落」を誇りました。

元亀元年(1570)4月には、朝倉攻めに向かう織田信長の軍勢に加わり、後に天下統一を果たす三英傑(信長、秀吉、家康)が揃って入城し、国吉城から最初の越前攻めに向かいました。


▶熊川城

細川藤孝の正室・麝香(じゃこう)の実家である沼田氏の居城で、若狭街道を監視する要衝に築かれていました。

山麓の得法寺には沼田氏の供養塔のほか、織田信長が越前朝倉攻めをおこなった際、同行した徳川家康が宿泊したことを示す「腰掛けの松」があります。

また、熊川城すぐ近くの熊川宿は、1589年(天正17年)に小浜城主・浅野長政によって整備された若狭街道の宿場で、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

▶金ヶ崎城

敦賀湾を一望する小高い山にそびえたつ山城で、延元元年(1336年)足利尊氏に追われて恒良親王・尊良親王とともに敦賀に来た新田義貞がこの城を拠点としたことが伝わっています。 

織田信長最大の危機とも称される「金ヶ崎の退き口」の舞台として有名で、近江の浅井氏の離反により危機に陥った信長、殿(しんがり)を申し出た木下籐吉郎(豊臣秀吉)、秀吉のしんがりを助け後に謝意を受けた徳川家康と、三英傑ゆかりの地でもあります。


②若狭の三山城を専門家のガイドで頂上までご案内!


▶若狭国吉城 若狭国吉城歴史資料館館長がご案内

▶熊川城 地元ボランティアガイドがご案内

▶金ヶ崎城 金崎宮宮司が歴史解説


※バス車内では、熟練のバスガイドが福井の観光地やお城、歴史の解説を!


③このツアー限定の「御城印」をプレゼント!


このツアーに参加いただいた方”限定”の御城印をプレゼント。

※若狭国吉城、熊川城、金ヶ崎城の3城分プレゼントします


(参考:3城の通常版御城印)

※これらを特別仕様にしてプレゼント!