これを食べなきゃ始まらない! 福井県のおすすめグルメ7選

これを食べなきゃ始まらない! 福井県のおすすめグルメ7選

福井は、冬の味覚・越前がにをはじめ、清らかな水によって育まれた蕎麦や美味しい地酒、自慢のご当地グルメ、伝統的な銘菓など豊かな食にあふれています。ここでは、福井県を旅するなら絶対に押さえておきたい、定番の絶品グルメをご紹介します!

たっぷりの大根おろしをのせて食べる「越前おろしそば」

福井県は蕎麦の生産量が全国トップクラス! 特に北部の嶺北(れいほく)地方では、冷たい蕎麦にたっぷりの大根おろしと削り節、刻みネギをのせ、上品な味のだしをかけて食べる「越前おろし蕎麦」が有名です。


ソバの実の殻も含めて挽いた「挽きぐるみ」といわれる黒っぽいお蕎麦がよく見られ、一般的なお蕎麦に比べて香りが高いのも特徴です。やや太めに切るお店も多く、歯ごたえも楽しめます。


新蕎麦の季節は毎年11月後半頃。次に紹介する越前がにの旬の時期でもあるので、この時期に旅行するのもおすすめです。

地元でしか食べられない刺身が絶品! 冬の味覚の王様「越前がに」

「冬の味覚の王様」とも呼ばれる越前がに。越前がにとは、福井県の漁港に水揚げされる雄のズワイガニのことで、脚についた黄色のタグがその証です。ぷりぷりの食感やとろける甘さは一度食べたら忘れません!


その美味しさの秘密は越前がにの漁場にあります。越前がには水深300mほどの深い海の中に生息していますが、主な漁場である越前海岸は陸地からすぐに水深が深くなっていくため、漁場が岸に近く、新鮮な状態で港に運ばれてきます。


県内では茹ではもちろん、焼き、しゃぶしゃぶ、鍋など、さまざまな調理法で越前がにが楽しめます。特に、新鮮だからこそ味わえる刺身は、県外ではほとんど食べることができないため、ぜひ食べてみてください!

歴史あるものから最新ご当地魚介までいろいろある! 「海の幸」

越前がにだけではなく、日本海の豊かな自然に育まれた海の幸も絶品です。かつての若狭国(現在の福井県南部)は、御食国(みけつくに)といって、京の都に食料を届ける役割を担っていました。特に「若狭もん」と呼ばれる鯖やアマダイ(若狭ぐじ)、カレイは、身分の高い限られた人しか食べることができなかったと言います。


そのほか、甘エビや若狭ふぐ、越前がれい、近年注目が高まっている福井サーモン、よっぱらいサバなど、県内各地にご当地魚介が存在するので要チェックです!

30以上の蔵元がある! 絶品ぞろいの「日本酒」

福井県は昔から米の生産量が国内有数であり、酒造りに適した米がたくさん生産されています。きれいで美味しい水もあり、酒造りに欠かせない要素がそろっています。県内には昔ながらの蔵元が大小合わせて30以上あるため、日本酒の種類も大変豊富です。食事とともに日本酒を楽しんでみてはいかがでしょうか。


大野市や南越前町などでは、歩いて行ける距離にいくつかの酒蔵が立ち並んでいるため、街の雰囲気を味わいながら酒蔵巡りを楽しむこともできますよ。

歴史を感じながら楽しんでほしい「郷土食」

かつて福井県は「越前」と「若狭」という別々の国だったことから、現在でも北と南で全く異なる文化を持っています。例えば旧越前国の北部は仏教が盛んで、親鸞聖人の命日に食べる「報恩講料理」に使う油揚げ、永平寺のごま豆腐など、仏教色の強い郷土食が親しまれています。


一方で旧若狭国だった南部は魚介類がよくとれることもあり、鯖のなれずしや、へしこ(青魚を塩漬けし、さらにぬか漬けにしたもの)などの加工品が郷土食として根付いています。

がっつり食べたい方にもおすすめ! 個性豊かな「ご当地グルメ」

海の幸や山の幸に恵まれた福井県には、独自の進化を遂げたご当地グルメ (B級グルメ)もたくさんあります。中でも定番なのが「ソースかつ丼」です。福井県ではかつ丼と言えばソースかつ丼のことで、ソースがたっぷりとしみた薄いとんかつとご飯、というシンプルな組み合わせながら、満足感は十分!


そのほか、噛めば噛むほど旨みの出てくるひね鳥(親鳥)の焼鳥をはじめ大野市の「醤油カツ丼」、オムライスにかつをのせた越前市の「ボルガライス」、敦賀市の「敦賀ラーメン」などが人気です。

冬にこたつで食べるのが福井流! 「水ようかん」

福井県民にとって、「水ようかん」は冬に食べるもの。毎年11月頃になると、県内の多くの和菓子店で水ようかんが販売されます。また、薄い板状で販売されているのも特徴的。家族であたたかいこたつに入り、1枚の水ようかんを切り分けて食べるのが福井の冬の風物詩です。


冬に食べる理由は、一説によると、京都などで奉公していた子供たちが里帰りの時に持たされたことからだと言われています。そのため、「でっちようかん」の名前で販売されることもあります。


水ようかんの味やパッケージはお店によってそれぞれ異なるので、食べ比べをするのも楽しいですよ!

江戸しおり
関東出身、福井在住のフリーランスライター・編集者。
2015年に福井県鯖江市で体験移住をして以来、福井が大好きに!
現在は福井県に移住し、ライターとして福井県の魅力や観光情報を発信するお仕事もしています。
福井でいちばんびっくりしたことは、越前がにとお蕎麦の美味しさ! 越前がにを初めて食べた時は、感動のあまり号泣しました。