そばと大根おろしの相性がたまらない!福井のソウルフード、越前おろしそば

そばと大根おろしの相性がたまらない!福井のソウルフード、越前おろしそば

越前おろしそばは、福井県の嶺北地方を中心に食べられる、たっぷりの大根おろしと削り節、きざみネギがかかった冷たいそばです。シンプルな見た目ながらも歴史や味のこだわりが詰まっている奥深い食べ物なんですよ。


今回は福井のソウルフード、越前おろしそばの特徴や魅力をたっぷりご紹介します! 


そば大国福井が誇る越前おろしそば

「越前おろしそば」は、たっぷりの大根おろしと削り節、きざみネギをのせた冷たいそばです。色が黒っぽくコシのある麺は食べ応え満点で、一度食べるとクセになります。大根おろしには辛味大根を使用し、一般的な大根おろしよりもピリッとしているのが特徴です。


福井では、冬の寒い時期でも冷たいおろしそばを食べるのが定番。シンプルながらも風味のあるそばとピリッと辛みのある大根おろしとの相性は抜群で、越前おろしそばを求めて全国からそば好きがやってくるほどです。


福井県のそばが「おいしいそば産地大賞2020」で全国グランプリを獲得していることや、都道府県別そば屋店舗数が全国3位ということからも、福井がそば大国だということがわかりますね。

もともとは非常食だった!? 越前おろしそばのはじまり

「越前おろしそば」のはじまりは、諸説ありますが、今から400年以上前のこと。越前府中城主となった本多富正(とみまさ)が、そば職人の金子権左衛門(ごんざえもん)を京都・伏見からつれてきたことがはじまりとされています。城下の人々に戦や災害に備える非常食としてそばの栽培を奨励し、さらに健康面でもプラスになるよう、大根おろしと一緒に食べるそばを考案しました。


ちなみに、「越前そば」という名称ができた呼ばれるようになったのは、昭和天皇が福井でおろしそばを召し上がったのがきっかけだそう。昭和天皇が北陸を巡幸された際に福井のおろしそばを気に入り、「あの越前のそば」と口にされたことが由来と言われています。

香り高いそばの秘密は在来種にあった!?

福井県内で栽培される玄そば(そばの実)は、小粒で身が詰まっているのが特徴です。


福井県は県全域で在来種を作り続けている希少な産地で、「在来種そば王国」という別名があるほど。在来種とは、品種改良をしていない昔ながらのそばを指します。栽培が難しく収穫量が安定しづらい一方、香り高く味わい深いのが特徴です。


福井県内では勝山在来、丸岡在来、今庄在来、大野在来など22系統が栽培されています。在来種は地域によって風味や味わいが異なるので、福井県内でも多彩な食べ比べが可能です。


毎年9月中旬~10月下旬頃には、畑一面に可憐なそばの白い花が咲き乱れます。そして11月初旬頃からそばの収穫が始まると、風味のいい新そばが登場します。

福井のそば粉はじっくり石臼挽き!

越前おろしそばのおいしさは、玄そばの品質だけでなく、製粉技術も深く関係しています。収穫された玄そばは、温湿度管理の徹底された倉庫で保管され、実の部分を石臼で挽いて製粉します。甘皮やそば殻も一緒に入れて挽き込む「挽きぐるみ」というそば粉を使うことが多くそばの色が黒っぽいのが特徴です。石臼挽きは機械挽きよりも低速で時間がかかりますが、そば本来の風味や甘みが損なわれず香り高いそば粉となるのです。


福井のそばは、効率よりもおいしさを大切にしていることがわかりますね。

越前おろしそばの食べ方は三通り

越前おろしそばは、ダシをそばにぶっかけて食べるのが定番ですが、ざるそばのようにそばをダシにつけて食べる方法もあります。


現在、福井県内でのおろしそばの食べ方はほぼ三通り。

①ダシと大根おろしを別に入れる

②ダシに大根おろしを入れる

③ダシに大根おろしの汁を入れる

お店ごとに提供方法が異なるので、いろいろな食べ方を楽しむことができますよ。


ちなみに江戸そばとは違い、わさびを使わないのが特徴です。そばの風味と大根汁のうまみがかけ合わさり、シンプルながらも奥深い味わいが楽しめます。

越前おろしそばの効能

越前おろしそばは、健康長寿食としても注目を集めています。


そばにはポリフェノールの一種である「ルチン」が多く含まれ、動脈硬化や高血圧などの予防に最適。また、大根おろしに多く含まれているビタミンCは「ルチン」の働きを高める効果があるので、そばと一緒に食べることで相乗効果が期待できます。さらに、大根おろしには消化吸収を助ける「ジアスターゼ」や「アミラーゼ」という酵素が豊富に含まれており、消化にもいいんです。

 

越前おろしそばはおいしいだけでなく、栄養面でも非常に優れているいいこと尽くしの食べ物。最近では塩ダシそばもあるなど、お店によって個性もさまざまです。老弱男女問わずおいしく食べられる味を楽しんでみてくださいね。

古川 朋香

福井を中心にローカルライターとして活動中。福井県出身。大学進学を機に県外に出て2020年にUターン。地域の面白いヒトやモノを見つけるのが好きです。福井にUターンしたからこそ見える、福井の魅力をお届けします。