武田耕雲斎本陣跡(新保陣屋)

元治元年(1864)12月11日、水戸天狗党は木ノ芽峠を越えて、新保村(敦賀市新保)に到着し、葉原村(敦賀市葉原)に陣どる加賀藩と対峙することとなります。しかし、交戦を望まない水戸天狗党は戦闘を避けようと加賀藩と交渉を重ねます。

 この交渉が行われたのが、武田耕雲斎本陣跡の建物です。もともとは当時問屋を経営していた塚谷家の屋敷の一部で、小規模ながら書院造となっており、門・式台・下段の間・上段の間を備えており、式台の柱上の三ツ斗の組物が特徴的な建物となっています。

エリア
若狭路
敦賀市
カテゴリー
歴史・文化・史跡

基本情報

住所
福井県敦賀市新保27−30

関連スポット

近くのわかさいくるスポット

新保宿 木ノ芽古道
新保宿 木ノ芽古道
旧北陸線トンネル群
旧北陸線トンネル群
五幡海水浴場
五幡海水浴場
中池見湿地(中池見人と自然のふれあいの里)
中池見湿地(中池見人と自然のふれあいの里)

近くの宿泊施設

丁持屋
丁持屋

このページを見ている人は、こんなページも見ています

水戸烈士記念館(旧鯡蔵)
水戸烈士記念館(旧鯡蔵)
新保宿 木ノ芽古道
新保宿 木ノ芽古道
おもや旅館
おもや旅館
永厳寺
永厳寺
松原神社
松原神社
お問い合わせ
福井県交流文化部観光誘客課
若狭湾サイクリングルート推進室
〒914-0811
福井県敦賀市中央町1丁目7-42 
敦賀合同庁舎別館2階
Tel:0770-47-5422
E-mail:
わかさいくるの
取り組みについて