越前和紙の匠に触れるプラン!(日帰り)

所要時間
日帰り
交通手段

このコースの概要

武生IC
車で約15分(約10km)
越前和紙の里
車で約10分(約4km)
万葉の里 味真野苑
タケフナイフビレッジ
車で約30分(約15km)
かずら橋
車で約40分(約20km)
武生IC

紙幣のふるさとで伝統の紙すきを体験したら、自然の散策と伝統工芸の打刃物のショッピング。欲張っていろいろ楽しもう!

Start

武生IC

車で約15分(約10km)

越前和紙の里

越前和紙が生まれたのは今から約1500年前。日本最古の紙幣は、実は越前和紙で作られていました。
越前和紙には、歴史と伝統、高い技術が集約されています。その越前和紙の技術が集まった「越前和紙の里」には、「紙の文化博物館」、「卯立の工芸館」、「パピルス館」があります。



車で約10分(約4km)

万葉の里 味真野苑

越前市味真野は、きらびやかな天平文化が栄えた1200年ほど前に、万葉集の歌の舞台になった地。四季折々の美しさを見せる越前の里味真野苑では、万葉の世界に浸りながら、ロマンチックな気分になれる!
万葉館は、その名のとおり時代を超えて「万葉集」の中に入り込める施設。『万葉の恋』を中心にした内容の展示は、今と変わらぬ情熱に共感!?

タケフナイフビレッジ

越前打刃物は、南北朝時代に京都の名匠が刀づくりにふさわしい地を求め、この地にたどり着いて、技を広めていったことから始まりました。今では、伝統を守るだけでなく最新技術も取り入れており、その機能性と利便性が世界に認められている越前打刃物。タケフナイフビレッジでは、展示や販売、工場の見学はもちろん、打刃物の制作体験(要予約)もできます!伝統の技を体験してみませんか? 



車で約30分(約15km)

かずら橋

木の枝が強い日差しを遮って、隙間から日差しが差し込む中に、清流の上に流れるかずら橋。まるで絵本の1ページのように、ツタがからまり、ゆらゆら揺れる吊り橋の風情と、見下ろした水面がキラキラ輝く様子にうっとり。歩くたびに揺れるハラハラ感も◎。

車で約40分(約20km)

武生IC

Finish

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

越前和紙の里
越前和紙の里
more
越前和紙の里 パピルス館
越前和紙の里 パピルス館
more
今庄そば道場
今庄そば道場
more
サバエ・シティーホテル
サバエ・シティーホテル
more
見どころ満載 嶺北(福井県北部)プラン!(日帰り)
見どころ満載 嶺北(福井県北部)プラン!(日帰り)
more
ホテルフジタ福井(恐竜ホテル)
ホテルフジタ福井(恐竜ホテル)
more
南越前文化会館
南越前文化会館
more
魚美家
魚美家
more
鯖街道を辿る旅
鯖街道を辿る旅
more
さわやか若狭ドライブの旅
さわやか若狭ドライブの旅
more