• トップページ
  • 地元ライター記事
  • 道の駅「南えちぜん山海里」の「ウィンターナイトイベント」でイルミネーション&プロジェクションマッピングを満喫!
ふく旅

道の駅「南えちぜん山海里」の「ウィンターナイトイベント」でイルミネーション&プロジェクションマッピングを満喫!

アクセス抜群の道の駅「南えちぜん山海里」!南条SA直結&駅からも徒歩圏内で車がなくても大丈夫!

道の駅「南えちぜん山海里」の「ウィンターナイトイベント」でイルミネーション&プロジェクションマッピングを満喫!

福井県地域おこしネットワーク

移住者ならではの“新鮮だけども、ディープ”な福井情報をお届け!あるときは商品開発、あるときは農業手伝いやドローンを飛ばす。そんなメンバーが見つめる福井県とは?!
https://fukui-local.net/

457 VIEW
福井県地域おこしネットワーク

「ウィンターナイトイベント」2022年-2023年開催します!

道の駅「南えちぜん山海里」の屋外公園さんかいりパークでウィンターナイトイベントを開催します。

【開催日間】

2022年11月25日(金)~2023年1月22日(日) 

*開催期間中は毎日点灯します!


【点灯時間】

17:00~21:00

アクセス抜群の会場 道の駅「南えちぜん山海里」を紹介します!

今回ご紹介する「ウィンターナイトイベント」の舞台となるのは、道の駅 南えちぜん山海里


2021年10月に開業した県内18箇所目の道の駅です。

この 道の駅「南えちぜん山海里」は、北陸自動車道 南条SA(上り線)から直結。つまり、福井市から関西方面に向かう途中に、高速を降りずに立ち寄ることができるアクセスの良さが特徴です。


また、道の駅といえば車でのアクセスだけを考えがちですが、ここはJR北陸線 南条駅からも徒歩約10分と、県外から車以外でお越しの方でも立ち寄りやすい立地となっています。


駐車場のご案内

イルミネーション&プロジェクションマッピング会場は道の駅なので、車で来ても安心!


無料駐車場が、普通車127台、大型バス8台分完備されています!

まだまだ穴場なイルミネーションなので、週末でも満車になることは少ないようです。(2022年12月現在)

イルミネーションの見どころを一挙大公開!

コンパクトな会場ながら、イルミネーションもプロジェクションマッピングもある「道の駅 南えちぜん山海里/さんかいりパーク」のウィンターナイトイベントの見どころをご紹介していきます!

1.イルミネーションの定番・光のトンネル

イルミネーションといえば「光の世界に入りこみたい!」という願い・・・!もちろん、ここにも光のトンネルがあります!大人の方でもくぐることはできますが、少し低いトンネルなので灯りが近く、光の世界に引き込まれる感覚になります!

2.大切な人と仲良くパチリっ!ハートスポット♪

イルミネーションに一緒に訪れる大切な人との”パチリ”におすすめなのが、ハートマーク。

ド定番ではありますが、やっぱりハートで一緒に写真を撮るのはステキな思い出になりますね!

3.木々もそれぞれ”おめかし”

そして「さんかいりパーク」の広場に立つ木々も”灯りでおめかし”しています!それぞれの木でイルミネーションが異なっているので、一つずつ見比べてみるのも楽しい時間になると思います。あなたのお気に入りの木はどれですか??

写真を撮る場所に迷ったらココっ!

あちらこちらに見どころがあり、どこで写真を撮るか迷ってしまいますね。そんな来場者の気持ちを察したのか、イルミネーション担当者のオススメ場所が「PHOTO SPOT」として看板が設置されています!担当者の方のイチオシは、公園のシンボルであるバベルの塔と、公園内でもひときわ大きいシンボルツリーなのでしょう。

公園のシンボル「バベルの塔」に、360度プロジェクションマッピング

鐘を鳴らすと幸せになれるという話を聞いたことがある「道の駅 南えちぜん山海里/さんかいりパーク」のバベルの塔。この塔をぐるっと一周!360度のプロジェクションマッピングが上映されています。


テーマは「山海里」と「福井」です。道の駅が位置する福井県南越前町の名物や、福井県で有名なあれが映し出されるプロジェクションマッピングをご紹介していきます。


*夜間は近隣住民への配慮から、鐘を鳴らすことはできません。

福井といえば、恐竜ですよね。映し出されているとは言え、なかなかリアリティがある恐竜がこちらに向かってきます。小さなお子さんなら怖がってしまうかも。わんぱくなお子さんなら、恐竜を追っかけて塔の周りを一周?!


道の駅の館内にも、恐竜ベンチが設置されていますので、プロジェクションマッピングと合わせて写真を撮ってみてください!

続いて登場するのは、2023年度末に福井・敦賀まで延伸する北陸新幹線!かつて北陸本線を走っていたSLや遷り変わりゆく新幹線が、テンポの良い音楽と共に走っていきます。

その他にもクリスマス模様や和傘、そしてロボット!など、様々な物語が360度どの角度からでも楽しめるプロジェクションマッピングとなっています。

お腹が減ったら、道の駅でディナーも楽しめます。

イルミネーション&プロジェクションマッピング会場のすぐ隣の建物には、フードホールやマーケットがあります。お腹が減ったらディナーはいかがですか?


パスタ、ピザが楽しめるイタリアンやカフェもあります。それぞれでラストオーダー時間が異なるので、イルミネーション前にチェックするのがオススメ!

コンパクトだからこそ、穴場なナイトスポットにぜひお出かけを。

今回は、開業して2シーズン目の「道の駅 南えちぜん山海里/さんかいりパーク」のイルミネーション&プロジェクションマッピングをご紹介しました。

全体的にコンパクトな会場ですが、まだ知名度が少なく休日でも混んでいないのと、高速道路で福井市から敦賀市に向かう途中で高速道路からも降りずに楽しむことができるなど、実は穴場かもしれないイルミネーション&プロジェクションマッピングスポット!寒い冬を福井で楽しく過ごしてみませんか?

この記事を書いたのは、地域おこしネットワークのライター、ショーです。
福井県南越前町に移住して7年目。地域の日常を体感することができる宿を運営する僕が、地域の人たちとの関わりの中で見つけた福井県の魅力をお伝えしていきます。

福井県地域おこしネットワーク

移住者ならではの“新鮮だけども、ディープ”な福井情報をお届け!あるときは商品開発、あるときは農業手伝いやドローンを飛ばす。そんなメンバーが見つめる福井県とは?!
https://fukui-local.net/

福井県地域おこしネットワーク

このライターの人気記事

福井の冬の風物詩「越前水仙」の見どころや絶景スポットをご紹介!
福井の冬の風物詩「越前水仙」の見どころや絶景スポットをご紹介!
more
まるで桃源郷?!殿下の『花モモの里』で春爛漫の里山散歩♪
まるで桃源郷?!殿下の『花モモの里』で春爛漫の里山散歩♪
more
【鯖江グルメ】和洋中+野菜たっぷり健康ランチ*地元住民が愛する店4選
【鯖江グルメ】和洋中+野菜たっぷり健康ランチ*地元住民が愛する店4選
more
知る人ぞ知る、スモークな干し柿「今庄つるし柿」の生産現場を体験レポート!
知る人ぞ知る、スモークな干し柿「今庄つるし柿」の生産現場を体験レポート!
more

いま読まれている記事

県民オススメ!「これ買っておけば間違いなし」福井土産7選(グルメ編)
県民オススメ!「これ買っておけば間違いなし」福井土産7選(グルメ編)
体験や宿だけでなくお土産も旅の醍醐味のひとつですよね。福井には羽二重餅やおろしそば、越前ガニなどの買いたくなっちゃうお土産がたくさんありますが、今回は福井県民が自信をもってオススメする、福井らしさあふれる食のお土産を7つご紹介します。
自分で召し上がるもよし、お友達に渡してシェアするもよし。見つけたらぜひ手に取ってみてください。
more
黒龍酒造「ESHIKOTO(えしこと)」潜入レポート@永平寺町
黒龍酒造「ESHIKOTO(えしこと)」潜入レポート@永平寺町
2022年6月に永平寺町の九頭竜川沿いにオープンした「ESHIKOTO(えしこと)」。福井が誇る「黒龍酒造」の新複合施設を詳しくご紹介します!
more
福井駅前で昼飲みできる飲食店【地元ライターおすすめ6店】
福井駅前で昼飲みできる飲食店【地元ライターおすすめ6店】
生粋の地元ライターイチオシ!JR福井駅周辺で昼飲みがたのしめる厳選6店をご紹介します!
more

同じテーマの記事

まるで桃源郷?!殿下の『花モモの里』で春爛漫の里山散歩♪
まるで桃源郷?!殿下の『花モモの里』で春爛漫の里山散歩♪
3月下旬から4月は、桜に続き、赤、白、ピンクの花モモで、里山が彩られます。
more
悪天候でも大丈夫!「若狭たかはまエルどらんど」でワクワクドキドキ体験を楽しもう。
悪天候でも大丈夫!「若狭たかはまエルどらんど」でワクワクドキドキ体験を楽しもう。
「若狭たかはまエルどらんど」は、家族連れにオススメの室内型体験施設です。
ジャングルの中で遊べるトロピカルワンダーと、遊びながら自然科学やエネルギーについて学べるサイエンスワンダーがあり子供から大人までが楽しめるサイエンスパークです。
more
【信じられない】あわら温泉・ホテル八木を体験した私はため息をつきながら旅館を後にした
【信じられない】あわら温泉・ホテル八木を体験した私はため息をつきながら旅館を後にした
福井・あわら温泉に、伝説級の温泉旅館がある。安らぎに来たと思ったのに、全く安らぐ暇がないのだ。どういうことかは記事を呼んで確かめてほしい。
more