ふく旅

NHK大河ドラマ【光る君へ】2月23日オープン「しきぶきぶんミュージアム」をご紹介します

ドラマの主人公「紫式部」ゆかりの越前市に2024年オープン!新しくできた話題のスポットへ行ってきました。

NHK大河ドラマ【光る君へ】2月23日オープン「しきぶきぶんミュージアム」をご紹介します

大森 望央 -Mio Omori-

ふく旅ライター「ミーハー担当(自称)」
生まれ育って今も暮らす福井駅前情報や、街をとび出し福井県全域の話題のスポットをお届けしていきます٩( ᐛ )و~♪

7090 VIEW
大森 望央  -Mio Omori-

「しきぶきぶんミュージアム」へ

NHK大河ドラマ「光る君へ」の主人公 紫式部が生涯でただ一度、都を離れて暮らした福井県越前市。2024年2月23日(金・祝)に紫式部の世界が楽しめる「しきぶきぶんミュージアム」が武生中央公園にある屋内催事場に誕生します。


「しきぶきぶんミュージアム」には、衣装や限定映像などを見ることができる「光る君へ 越前 大河ドラマ館」、紫式部が暮らした越前の文化や歴史を紹介する「越前歴史展示」お土産品やグッズが購入できる「光る越前SHOP」が設置されています。


今、注目を集めるスポットへ一足早く行ってきました!

地図を見る
  • しきぶきぶんミュージアム

番組の魅力たっぷり「光る君へ 越前 大河ドラマ館」

入口で受付を済ませ、まずは「光る君へ 越前 大河ドラマ館」へ。

パネルの和歌「ここにかく 日野の杉むら 埋む雪 小塩の松に 今日やまがへる」は、紫式部が越前に来て初めて迎えた冬に詠んだ歌です。越前にそびえる日野山に積もる雪を見て京都の小塩山を思い出し、故郷を懐かしく思う気持ちを表しています。

エントランスでは、「光る君へ」の主演 吉高由里子さんの大判メインビジュアルがお出迎え。ウェルカムメッセージのVTRを観ることができます。

キャストの等身大パネルと一緒に記念撮影ができる他、ドラマの概要や作品紹介、脚本家をはじめとするスタッフの紹介パネルが展示されています。

人物相関図には「越前の人々」が二人。紫式部と越前がどのようにドラマで描かれるのかとても楽しみです!

美術セットや衣装人物画、書道指導といった番組の舞台裏を紹介する特集コーナーは大河ドラマ館ならでは。

奥へ進むと番組衣装や小道具の展示、キャストからのコメントも掲載された登場人物紹介パネルが設置されています。平安時代の羽織はなんとも煌びやかです!

紫式部の父 藤原為時の居室を模したフォトスポットコーナーで記念に一枚。書道具も立体展示されていて間近に見ることができます。


他にも、越前の大河ドラマ館でしか見られない独自映像コンテンツを上映する4Kシアター、キャストの直筆サイン色紙も必見です。

「越前歴史展示」は創作の感覚を体験できるフォトジェニックスポット

奥へと進み「越前歴史展示」エリアへ。エントランスの天井には平安絵図と平安文字が描かれ、まるで紫式部の時代へとタイムスリップするよう!ワクワクしながら足を運ぶと…

越前市の文化や歴史を紹介するパネルの向かいには、たくさんの伝統工芸「越前和紙」が垂らされたゾーンが!幻想的な雰囲気で洞窟の奥へと誘います。

全面が鏡張りの小部屋に「わぁ!」と思わず歓声が。

空間に映し出されるグラフィック表現のワードや越前を詠んだ和歌は、意訳したテキストを基にAIで生成されています。映像は季節によって4つのバージョンがあり、紫式部が越前の自然や風土から受けた創作のインスピレーションに思いをはせる仕掛けとなっています。


空間内は、濃紺や深紫〜薄桃色へと変化し、様々なバリエーションで撮影が楽しめますよ。

これらの空間は「想創庵」という名前が付けられ、紫式部のわき出る“想像力×創造力”を表現しています。


また想創庵の外側には、越前和紙の丸いシールにメッセージを書いて貼る入館者参加型の企画があります。能登震災復興への願いを込めて募金をしてから越前和紙のシールに想いを書き込み壁に貼ります。越前に降り積もる雪のようにメッセージで想いを積もらせ、紫式部と現代はもちろん、過去と未来を繋ぐ作品をつくるインスタレーションです。

紫式部や越前にまつわるお土産品がずらり「光る越前SHOP」

お土産処「光る越前SHOP」には紫式部のキャラクターをあしらった商品など約430品が並びます。

越前そば、水ようかん、越前和紙の雑貨などが紫式部のパッケージに入って販売されています。ミュージアムや越前市を訪れた思い出やお土産に最適です。

最後に「VRドームシアター」で越前の四季や番組の舞台を体験

お土産店の横にはNHK福井放送局が実施している「VRドームシアター 〜大河ドラマ「光る君へ」〜inしきぶきぶんミュージアム」があります。「光る君へ」に関連する4種類の映像の中から選択した1つを観賞することができます。ドーム内に映し出される臨場感あふれる映像で、さらに紫式部の世界をたっぷり堪能することができますよ。(VRドーム体験は無料です)


ちなみに私は「紫式部ゆかりの風景 越前編 〜都を離れ 暮らした越前の四季〜」を観賞しました。迫力ある越前市の自然や伝統に触れて、紫式部も体感した越前の四季に包まれました。

越前で暮らした紫式部の想いや創造に触れるひと時

紫式部にとって豊かな自然や文化に恵まれた越前市での生活は、代表作である「源氏物語」をはじめとする創作に大きな影響を与えたと言われています。「しきぶきぶんミュージアム」で紫式部の気持ちを疑似体験すると共に、「紫式部公園」や「紫ゆかりの館」といった縁の地巡りの越前旅をどうぞお楽しみください。


【しきぶきぶんミュージアム/光る君へ越前 大河ドラマ館】

場所|福井県越前市高瀬2丁目27-7-1 武生中央公園屋内催事場

開催期間|2月23日(金・祝)〜12月30日(月)

開催時間|9:00〜17:00(最終入場16:30)

休館日|無休

料金|大人600円、小人200円(他、割引や年間パスポートがあります)


大森 望央 -Mio Omori-

ふく旅ライター「ミーハー担当(自称)」
生まれ育って今も暮らす福井駅前情報や、街をとび出し福井県全域の話題のスポットをお届けしていきます٩( ᐛ )و~♪

大森 望央  -Mio Omori-

このライターの人気記事

黒龍酒造「ESHIKOTO(えしこと)」潜入レポート@永平寺町
黒龍酒造「ESHIKOTO(えしこと)」潜入レポート@永平寺町
more
【福井駅 周辺観光】駅から徒歩15分以内!地元民おすすめ観光スポット5選
【福井駅 周辺観光】駅から徒歩15分以内!地元民おすすめ観光スポット5選
more
福井土産No.1スイーツ「羽二重餅」発祥の店と進化系「羽二重餅」をご紹介!
福井土産No.1スイーツ「羽二重餅」発祥の店と進化系「羽二重餅」をご紹介!
more
【最速レポ】福井県立恐竜博物館がリニューアルオープン!見どころをご紹介
【最速レポ】福井県立恐竜博物館がリニューアルオープン!見どころをご紹介
more

いま読まれている記事

黒龍酒造「ESHIKOTO(えしこと)」潜入レポート@永平寺町
黒龍酒造「ESHIKOTO(えしこと)」潜入レポート@永平寺町
2022年6月に永平寺町の九頭竜川沿いにオープンした「ESHIKOTO(えしこと)」。福井が誇る「黒龍酒造」の新複合施設を詳しくご紹介します!
more
県民オススメ!「これ買っておけば間違いなし」福井土産7選(グルメ編)
県民オススメ!「これ買っておけば間違いなし」福井土産7選(グルメ編)
体験や宿だけでなくお土産も旅の醍醐味のひとつですよね。福井には羽二重餅やおろしそば、越前ガニなどの買いたくなっちゃうお土産がたくさんありますが、今回は福井県民が自信をもってオススメする、福井らしさあふれる食のお土産を7つご紹介します。
自分で召し上がるもよし、お友達に渡してシェアするもよし。見つけたらぜひ手に取ってみてください。
more
行列必須‼知らないと損する「福井の厳選海鮮丼スポット」4選 
行列必須‼知らないと損する「福井の厳選海鮮丼スポット」4選 
福井県が誇る日本海の豊富な海の幸。「福井は海鮮が美味しいと言うけど、どこに行けばいいのかわからない!」という人必見‼みどりザウルスがおすすめする絶品の海鮮スポットを4つご紹介します。
more

同じテーマの記事

「第6回オープンガーデンinたかはま」こだわりのお庭をめぐる
「第6回オープンガーデンinたかはま」こだわりのお庭をめぐる
花をこよなく愛する人たちが集うオープンガーデン。丹精込めて手入れをおこなってきたお庭を見てみてはいかがでしょうか。
more
あわら温泉「灰屋」140年の伝統に裏打ちされた気品と風格、特別感に浸る休日を。
あわら温泉「灰屋」140年の伝統に裏打ちされた気品と風格、特別感に浸る休日を。
創業明治17年当時の趣が今もなお受け継がれる、あわら温泉の老舗旅館「灰屋」に実際に泊まって体感した感動と注目ポイントを詳細にレポートする。本物の温泉旅館を求めるあなたに大人の宿泊体験を。
more
「ふくチャリ」で行く!春の足羽山公園めぐり
「ふくチャリ」で行く!春の足羽山公園めぐり
標高116.8m、四季折々の植物やハピジャン(動物園)やカフェなど見どころも多い、福井市民の憩いの足羽山公園。今回は、電動アシスト自転車「ふくチャリ」で穴場スポットを中心に巡ってみたいと思います。
more